人気ブログランキング |

【ホシノビール酵母レシピ】パンオバナーヌ


バナナ。
皮をむくときにお尻からむくと、軸の部分が持ちやすいので
小さいお子さんでも食べやすいですよ。
e0167593_22523349.jpg
そんなバナナを使った、発酵菓子のレシピです。


【パンオバナーヌ】
e0167593_23020689.jpg
*材料* クグロフ型φ142XH82mm1台分
無塩バター      70g 室温に戻して置く
上白糖        70g
ゲランド塩       1g
卵1個+牛乳     65g 卵を器に割り入れ65gに不足分は牛乳を追加
ホシノビール酵母生種 20g
バナナ       100g 粗くつぶしておく
中力粉(タイプER)100g
薄力粉(ドルチェ)  50g 粉類は合わせておく
生くるみ       30g おおざっぱに砕く
チョコチップ     50g

*作り方*
1.ボウルにバター、砂糖、塩を入れ、泡立て器で白っぽくなるまで混ぜる
2.卵+牛乳と酵母を数回に分けて入れ、良く混ぜ合わせる
3.バナナをいれ良く混ぜ合わせる
4.へらに持ち替え、粉を2回に分けて入れ、ダマがなくなるまで混ぜる
5.クルミとチョコチップを入れ、混ぜ合わせる
e0167593_22592112.jpg
*一次発酵* 
室温(約25℃)8~9時間  
目安:生地が倍になるまで

*ガス抜き&成形* 
=バターを塗った型に流し入れる

*2次発酵* 
28℃ 90~100分

*焼成* 
電気オーブン 180~190℃ 25~28分 
武蔵 上火200℃ 下火210℃ 25~28分
焦げそうになったらアルミホイルをかぶせて焼成


パウンドケーキと同じ作り方ですが、発酵をかけることによって
風味が増すんですよね。
捏ねなくてよいのも魅力です(たぶん)


にほんブログ村

型はこちらのもの

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Black クグロフ型小
価格:2055円(税込、送料別) (2019/6/10時点)





# by konamon-mania | 2019-06-10 23:06 | 大阪こねる会レシピ | Comments(0)

【ホシノ丹沢レシピ】フォカッチャ


うちのフォカッチャは、通称「ふかっちゃ」と呼ばれています。
ふっかふかだから。
(そのまんまですけど)

フォカッチャって生地をこねなくていいので
というか、こねると狙ったふかふか感がなくなっちゃいますので
とっても生地作りが楽です。

e0167593_22272351.jpg
e0167593_22273325.jpg
e0167593_22274098.jpg
【フォカッチャ】

*材料*
強力粉     250g
ホシノ丹沢生種  20g
ゲランド塩     4g
牛乳  165~170g
オリーブオイル  25g

具材
パプリカ、トマト、シュレッドチーズ等 適宜

*こね*
1.牛乳に塩を溶かす
2.すべての材料を合わせ、粉気がなくなりまとまったら台の上に出してこねる
  (ダマをほぐして均一にする感じ)

*1次発酵*
28℃・5~6時間

*分割*
300gをとりわけ、軽く丸め直す(ふんわり三つ折り2回)
残りの生地を2分割し、軽く丸め直す(ふんわり三つ折り2回)

*ベンチタイム*
28℃・15~20分

*成形*
プレーン 四角く折りたたみ、とじ目を下にして天板に乗せ軽く押さえる
野菜   軽く伸ばし天板に乗せる(野菜は焼成前に乗せる)

*二次発酵*
30℃ 約40~60分

*仕上げ*
プレーン オリーブオイルを塗り、指で穴を開け、岩塩を振り焼成
     好みで焼き上がりにオリーブオイルを刷毛で塗る(しっとりに仕上がります)
野菜   カットした野菜を乗せ、チーズをかけて黒胡椒を振り焼成

*焼成*
180~190℃ プレーン18~20分 野菜13~15分




にほんブログ村
# by konamon-mania | 2019-06-09 22:41 | 大阪こねる会レシピ | Comments(0)

【まぜる会レシピ】クレープ

パティシエ錬堂さんのレシピとは、また別のバージョンです。
ワインジュレを作ったら、アイスクリームと一緒に
クレープで召し上がっていただくといい感じかと思います。
e0167593_21134616.jpg
(写真と一致していない感は否めない・・・)

【クレープ】約8枚分

*材料*
全卵     2個
生クリーム 50g
牛乳   160g
上白糖   15g
塩      1つまみ
薄力粉  100g

*作り方*
1.卵をほぐし、生クリーム・牛乳・砂糖・塩と合わせます
2.1の中にふるった粉類を加え、泡立て器で混ぜます
  生地が出来たら最低1時間~1晩、冷蔵庫で寝かせます
3.中火で熱したフライパンに薄く油をひき、生地を流しいれて広げます
4.表面が乾いた状態になったら裏返し、さっと焼きます


甘くないタイプのクレープなので、しょぱい系の具材
ハム、チーズ、サラダ類、目玉焼き、焼き鳥(え?)
など、なんでもよく合うと思います。






# by konamon-mania | 2019-06-08 21:11 | まぜる会レシピ | Comments(0)

【ジャムレシピ】赤ワインジャム


アイスワインジャムがあるのなら、赤ワインジャムだってあっても良いはず。
e0167593_21034803.jpg
そもそもジャムとは何ぞや?

果物や野菜や花弁を糖分で煮たもの。
めっちゃざっくりですね。

糖度の基準が国によって決まっていて

日本では40パーセント以上
ヨーロッパでは60パーセント以上
アメリカでは65パーセント以上

だそうです。
さすが欧米人は甘さに耐性がありますね。
逆にそれ以下の糖度だと、ジャム(英語)やコンフィチュール(フランス語)とは
言ってはいけないということなのです。

んじゃ、うちのジャムレシピはどうなるのか。
ときどきジャムではなく、果物の砂糖煮が混ざっているので
(ワインジャムに至っては、果物ですらないw)
賞味期限にお気を付けください。

そんな赤ワインジャムです。
(左から赤ワインジャム、アイスワインジャム、白ワインジャム)
e0167593_21064847.jpg
【赤ワインジャム】

*材料*
赤ワイン   600g
グラニュー糖 320g
ペクチン   8.5g(ゆるゆる)~10.5g(ぶるんぶるん)
レモン汁    60g

*作り方*
1.鍋に赤ワイン入れ、中火~強火で約13分ほど煮詰めアルコールを飛ばします
2.一度火を止め、砂糖とペクチンを合わせたものを入れて火にかけます
3.レモン汁を入れ、2~3分煮詰めたら完成です

あ!
ジュレっていう表現もあった!!


にほんブログ村
# by konamon-mania | 2019-06-07 20:55 | まぜる会レシピ | Comments(0)

【ジャムレシピ】アイスワインジャム

アイスワインってご存知でしょうか。
こちらのサイトで詳しく書かれているのですが ⇒ 
ブドウの果実が自然に凍ったときに収穫し
(めっちゃ寒いし、その時期まで果実を残しておくのはリスキー)
ほんのちょっとしか搾り取れない果実から
放置していたため特別な菌が果実についているので
その菌の働きもあり、極上のとろんとした甘口ワインに仕上がるのです。
はっきり言ってめっちゃ高級な飲み物。
下の方に貼っときますけどお値段を見て驚いて下さい♪

そんなアイスワインを使ったジャムです。
e0167593_20033191.jpg
【アイスワインジャム】
120ccビン・5本程度

*材料*
アイスワイン 500g
グラニュー糖 280g
ペクチン   6.5g(ゆるゆる)~8g(ぶるんぶるん)

*作り方*
1.鍋にアイスワイン入れ、中火~強火で約8分ほど煮詰めアルコールを飛ばします。
2.一度火を止め、砂糖とペクチンを合わせたものを入れて火にかけます。
3.ペクチンが溶けたら完成です。

レシピ記事をアップすると、アクセス数が多くてうれしいです~♪
アップしている甲斐があります。感謝感謝!
よかったらクリックしてください(^^)

にほんブログ村

このレシピではこのペクチンを使っています。

メーカーによってペクチンのタイプが違いますので、ペクチンの量を加減してみてください。



# by konamon-mania | 2019-06-06 20:07 | まぜる会レシピ | Comments(0)

粉もん大好きなんです


by takako
プロフィールを見る
更新通知を受け取る