2019年 01月 06日 ( 1 )

美味しいものって幸せシリーズ・ピエンロー

ホントにシリーズになりそうなくらい、美味しいものをいただいています。

年末に静岡のバイヤーさんから届いた荷物。
お正月のお茶、醤油3種、海藻、魔法のカツオ。
海藻にはワカメもいます。
そうなったら、サザエはいないのか?という・・・

いません。
e0167593_21480418.jpg
なぜ3本も醤油があるかといえば、食べ比べてみたかったから。
純粋な食いしん坊ですね。
醤油といっても材料、作り手、作る土地によって、まったく別の味や香りになります。
作り手の意図も乗っかってる。

何をどうしても美味しくなってしまう、魔法の土鍋でピエンロー を作ってみました。
20年ちょい前、妹尾河童さんの「河童のスケッチブック」という本を読んで、
その描写があまりにもおいしそうで、作ってみたらおいしくて
定番になってしまった、超シンプルな鍋です。
e0167593_21491433.jpg
干しシイタケの出汁で、白菜、豚肉、鶏肉を煮込み、仕上げに春雨を入れて
出汁を吸わせます。
味付けはごま油のみ。
この出汁を吸った春雨がたまらんのです。

お椀に塩を入れて出汁で溶かして味付けします。
人によっては、一味唐辛子も使います。
わたしはカライものがダメなのでパス。
そこに具材を取り分けいっただっきまーす!

で。
今回、めっちゃ上等なシイタケを使いました。
正月価格なのか、2個入りで千円します。
美味しくなければ、責任者出てきなさい、という話になるやつです。
そのシイタケに、きりッとした雑味のない、香りがとっても立ってる
こちらの醤油をたらり。
e0167593_21493221.jpg
たーーーまーーーらーーーんーーーーー
1度といわず、2度3度でも良くってよ。
やっぱり何をどう言っても、素材そのものが良いというのが
美味しいものを食べられる秘訣です。

「魔法のカツオ」もかなりの実力ですが
ニンニクとカライのが入ってなければ、もっと幸せ。。。

魔法のカツオは、主にお肉の下味をつけるのに使ってました。
唐揚げとか、もう・・・やばい。



にほんブログ村
by konamon-mania | 2019-01-06 21:45 | 日常 | Trackback(14) | Comments(0)

粉もん大好きなんです


by takako
プロフィールを見る
更新通知を受け取る