2018年 07月 13日 ( 1 )

山伏修行のあとは

山を降りる最中から、わけがわからんくらいの大雨になりました。
e0167593_20202277.jpg

モノクロにしたら、なんかカッチョエエ✨



そした天川弁財天さん。
e0167593_20202480.jpg

お日さまさんさんです。

こちらもむちゃくちゃ心地の良い神社です。
e0167593_20202620.jpg


e0167593_20202898.jpg

ガランガランの鈴が独特です。


 五十鈴(いすず)は、天河大辨財天に古来より伝わる独自の神器で、天照大御神が天岩屋戸にこもられたとき、天宇受売命(あめのうずめのみこと)が、ちまきの矛(神代鈴をつけた矛)をもって、岩屋戸の前にて舞を舞われ、神の御神力と御稜威をこい願われたことによって、岩屋戸が開かれ、天地とともに明るく照りかがやいたという伝承に登場する、天宇受売命が使用した神代鈴と同様のものであると伝えられています。 
  
 特に芸能の世界にいあっては天宇受売命にあやかって、殊の外御精進あそばされる方々(俳優、舞踊、歌手、ラジオ、テレビタレントなど)は、同床共殿のあり方と精神にてこれを奉載され、この三魂(みむすび)の調和統一に意を用いられ、芸能技芸練達の器教とされますことを切に祈るものであります。 
  
 この五十鈴の特徴的な三つの球形の鈴は、それぞれ、 

  ●「いくむすび」 
  ●「たるむすび」 
  ●「たまめむすび」 

という魂の進化にとって重要な三つの魂の状態(みむすびの精神)をあらわしています。 
  
 この五十鈴の清流のような妙なる音の響きによって、心身は深く清められ、魂が調和し本来あるべき状態に戻り、新たな活力が湧いてきます。 
   

ですって。

e0167593_20203062.jpg


e0167593_20203273.jpg

気持ちええ~❤️

ご機嫌でお参りをして山を降りてきたら、急にもくもくしてきました。
e0167593_20203455.jpg

ゴロゴロいうてます。
e0167593_20203666.jpg

この後どしゃ降りになり、車を追い抜いて行ったはずのバイクが、雨が強すぎてちゃんと走れてません。
なのでバイクに追い付いたー。

カッパを着てないので、一瞬でパンツまで、いや、靴下の中までびちゃびちゃになったはず。

古いバイクだったので、エンジン止めたら乾かさないと、エンジンかからへんかも・・・

一瞬何で行くか悩んだけれど、バイクで行かんで良かった( ; ゜Д゜)

で、山を下ってきたらこんな感じ。
いい天気です。
e0167593_20203703.jpg

あの雨はなんだったんだろう・・・

とっても浄化されました。
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

にほんブログ村




by konamon-mania | 2018-07-13 00:35 | 日常 | Trackback | Comments(0)