人気ブログランキング |

桜(パン)の季節も終わりですね

桜の季節が終わったら、桜のパンも終了ということで、あわててパンデュースです。
桜(パン)の季節も終わりですね_e0167593_1402818.jpg

小ぶりなサイズなので、3個くらい楽勝いけます。
毎度毎度、素材の使い方に、とひねりアリで面白い!
よねやまシェフに、乙女心を学ぶにはどうすれば?って尋ねたら
キャンディキャンディを読むようにお勧めされます。
・・・キャンディキャンディがスッと出てくる時点で、
乙女度にすでに大きく開きがありますね。
どんだけ乙女~~~!?(笑)
まずはマンガ喫茶で頑張りまっす!
(で、セイントおにいさんを読んでたりするんですけど)

さてさて。
フランスパンの気泡が入りません!っていう救難信号が届きました。
発酵が足りてないのかな?
加水65パーセントで一次発酵はこんな感じです。
桜(パン)の季節も終わりですね_e0167593_148330.jpg

桜(パン)の季節も終わりですね_e0167593_148101.jpg

2.5ふわふわくらい。
これで、大きなガスは抜くように成形して、二次発酵をしっかり取ります。
布どりのキャンバス地にくっつくくらい発酵させたら発酵させすぎ。
(と、宝塚の師匠が言うてました)
くっつく直前でクープを入れて焼成します。
この間の古代小麦のフランスパンの生地がこれです。
わりとぽこぽこ。

フランスパンでは生地つくりが大事です。
でも!
それと同じくらい大事なのが窯の性能で、上火下火が調整できることが必須です。
同じ生地を作っても、オーブンが違うだけで、ここまで違うのか!!
って感じますので、オーブンレンジ製のフランスパンについては、
気泡が少なくったって、クープが開かなくったって、しょんぼりは不要です。
(うちに生地を持ってきてもらったら、全く違うパンができます)
何と言っても、練習あるのみなんですけどね。

練習あるのみっていうことで、来月はフランスパンとドーナツを作ろうかと目論んでいます。
フランスパンは成形、クープ、焼成で1本お持ち帰り。
ドーナツは、しっかり目の発酵生地で油をあまり吸わせないようにして
和三盆、きなこ、丸を反割にしてジャムとクリーム、とかそんなのを考えてます。

たまにホシノを使わずにイースト&リスドオルを使って作ってみたら、
ずいぶん上達したなぁ、って思うことができます。
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村

ホシノは難しい。
出も美味しい。
by konamon-mania | 2015-04-10 02:02 | パン

粉もん大好きなんです


by takako
プロフィールを見る
更新通知を受け取る