人気ブログランキング | 話題のタグを見る

オーブンがない時のパン焼き

前回の食パンレッスンで、家にオーブンがないんです、、、
というお客様が参加されまして、お持ち帰り生地をどうやってパンにするか
ってなご提案をいたしました。

じゃじゃん!!
鍋焼き~~~
オーブンがない時のパン焼き_e0167593_0362429.jpg

この時は、鍋に直に生地を置いてしまったので、底が焦げました。
無水鍋を使うときにする方法だと、焦げないと思いますので
こんな感じで焼くと良いと思います。
ぴっちりフタのできる鍋に(これはジオの鍋です)
オーブンがない時のパン焼き_e0167593_0475448.jpg

百均で売ってる、すのこになった蒸し器
オーブンがない時のパン焼き_e0167593_0493892.jpg

こんなタイプもあります。
オーブンがない時のパン焼き_e0167593_0494577.jpg

これを鍋にセットして
オーブンがない時のパン焼き_e0167593_0512670.jpg

クッキングシートもしくはオーブンペーパーを敷き
オーブンがない時のパン焼き_e0167593_052222.jpg

そこに生地を乗せます。
そして二次発酵をとってから、フタをして超とろ火のガス火にかけて
30分程度じっくりと加熱します。
そうすると程よく蒸し焼きになって、しっとりふんわりになるはず。
この場合HIだとあまりおいしくないです。
直火のほうが香ばしく仕上がっておいしいんです。

フライパンで焼いてもいいと思います。
フライパンぱんってありますもんね。

パンの仕上がりは、半分くらいはオーブンの性能だと思っています。
生地がどれだけ上手に仕上がっても、パン屋さんレベルのオーブンがないと
あんな見事なパンには焼きあがりません。
オーブンレンジでは、きれいに焼きあがらなくて当たり前と思っていて間違いない。
だけど、おうちのパンなので、多少焦げても白っぽくてもクープが開かなくても
それはそれで、うちのパンなの!と胸を張っていいと思ってるんです。
作り手が丁寧にパンと食べてくれる人に愛情をこめて焼いたら
多少不恰好でも、間違いなくおいしいパンです(^^)
なので、へこんでパン作りをやめようと思うとか、そんなこと考えなくて良いんです。
楽しんでのびのび作ったら良いんじゃないかな~?

どうしても美しいビジュアルを求めるの!!という場合は、うちのお師匠が
「同じ生地、成形のパンを毎日毎日焼き続けなさい。
そのうちどんな条件でどんなパンになるか、どうすればより良くなるかが
見えてくるので、とにかく焼き続けなさい」と言っていました。
自分の経験から言うと、フランスパンならフランスパンを、
とにかく何百本も焼き続けてみたら、きっと納得する結果になるはずです。
騙されたと思って、やってみてください♪

いったい何百キロの粉を使ったか、わからないくらいフランスパンを焼いてみて
今に至る・・・
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村

副産物は、お腹のお肉でしょうか。
by konamon-mania | 2015-01-30 01:09 | パン

粉もん大好きなんです


by takako
プロフィールを見る
更新通知を受け取る