三台目のオーブンがやってきました!
これで、大量焼きにも対応できます♪
嬉しいな~(^^)
e0167593_2332038.jpg

設置してみると、想像以上の圧迫感がありました。
真っ赤にはせずに、ステンレスの色で正解。
電源を入れて200℃まで上がるのに、35分かかるそうです。
時間をかけて温度を上げて、まず最初にした事は
天板10枚の空焼き!
一枚ずつ200℃・20分、じみ~に焼いていきます。
で、冷めたら油をうすく塗りこめて。。。
食パン型の使い始めとおんなじですね。
e0167593_23321726.jpg

結構な時間がかかりました。
10枚目が修了して、電源を落としましたが・・・
・・・ぜんぜん温度が下がりません。
もったいないねぇ。この蓄熱されたもの。

そうだ!!芋っ!
安納芋を職場の人にもらったので、アルミホイルでくるんで
電源を切ったオーブンに入れておきました。
e0167593_23323832.jpg

3時間たっても、まだ庫内は100℃あります。
本当は、低温からじっくり温度を段々と上げて焼くほうが
美味しいのに、その逆をやってます(^^;

・・・が!!
立派な石焼き芋が出来上がっていました~♪
甘くておいしい~!
e0167593_23325753.jpg

これ、予熱の時にやったら、徐々に温度が上がって
絶対に美味しく焼きあがるに違いない!!

初焼きはバゲットのはず、っていう皆様の予想を
大幅に裏切ってしまいましたっ(><)
芋、って。ねぇ?

にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ
にほんブログ村
# by konamon-mania | 2010-01-22 23:34 | Trackback | Comments(16)

パンのお勉強で引き取ってきたパネトーネ菌。
さっそく種つぎをば。。。

水と粉の分量を逆に計量し(何でやねーん(TT)
うどん玉くらいの固さになるはずのものが
べっちゃべちゃの、とんでもない物体になりました。
あわわわわ。
粉足して~、粉足して~~。。。
どえらい量になりました。
これ、かなり酵母の数が少ないはずだけど
ちゃんとパンが焼けるくらい増えてくれるんだろうか?

ま、なんとかなるか。

伸ばした生地をくるくる巻いて、キャンパス地に包んだら
綿のロープで縛ります。
縄師には、なれないようです。修業ですね。
e0167593_191993.jpg

とりあえず、ゆるく縛ったら冷蔵庫へ。
2・3日で、酵母が増殖して二酸化炭素やアルコールをだして
膨らみ、ロープがパンパンになっているはず!
・・・だといいなぁ。

今日はとっても後ろ向きな日記になりました。とほほ。

持ち帰った中種はパンドーロにはせずに、フルーツをたっぷり追加して
パネトーネ(大)×3になりました。
みなさんあまりの工程のめんどくささに、生地の持ち帰りを拒否。
有難く連れて帰ってきました~♪
e0167593_1125534.jpg

今週のお客様のオヤツは、これにします!

いつもクリックありがとうございます♪
にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ
にほんブログ村
# by konamon-mania | 2010-01-22 01:15 | パン | Trackback | Comments(10)

パンのお勉強

月に一度のパンのお勉強に行ってきました!
今回は酒種、酒粕酵母、パネトーネ菌、セミドライイーストを使用です。

酒種と酒粕酵母を併用した食パン。
e0167593_0352058.jpg
e0167593_0352743.jpg

焼きあがると、香りがものすっごく強いです。
これだけでバターをつけて、貪り食いたい!
国産小麦を使用しているので、外麦のように高く伸びませんが
むっちり、しっとりきめ細やかな感じに仕上がります。
釜伸しないパンはダメなパンかというと、
実はそうじゃない、ってのを思い知りました。

セミドライイーストを使用した、ショコラバゲット。
チョコレートをいかに安定した形で、生地に練り込むか
油脂が入った分、生地はどうなるのか
手早く成型するときのポイントは、等、色々学びました。
e0167593_0363687.jpg

これ、大量のクランベリーが入って大人味でおいしい~~!

パネトーネ菌を使用した、パンドーロ。
e0167593_036538.jpg

イタリアから持って帰って、毎週毎週、種継ぎをして
なんと30年間も大事に培養されている菌なのです!
使うときは、独特の酸味を抜いてから、3段階に生地を仕込むという
3日もかかる大変面倒なパンです。
e0167593_037959.jpg

e0167593_0375412.jpg

パネトーネのドライフルーツが入ってないバージョンの生地を
パンドーロ型という、独特の背の高い☆型の器に入れて焼きます。
e0167593_0382418.jpg
e0167593_0383368.jpg
e0167593_0391940.jpg

食べるときは、粉糖を思いっきりまぶして縦にカットして。
上から下まですべての個所で生地の状態が変るので、
横スライスでは全体の味が楽しめません!
パネトーネ菌の、爽やかな酸味がとっても美味しい♪

先生は、なるべく多くの酵母に触れるチャンスを与えようと
大事な酵母を惜しげもなく提供してくれます。
こんな貴重な酵母って、普通では実習で使う事ができません。
ものすごく有難いことだな~と思いつつ、
持ち帰ったパネトーネ菌に、途方に暮れる今日この頃(爆)


いつもぽちっとありがとうございます!
にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ
にほんブログ村
# by konamon-mania | 2010-01-21 00:46 | パン | Trackback | Comments(18)

黒糖ラスク

marumaruさんパリーネの黒糖ラスクをいただきました。

e0167593_0125054.jpg

一見、唐揚げのようです。
e0167593_0125891.jpg

が、噛みしめると黒糖シロップがじんわりにじみ出てくる(ラスクなのに!?)
不思議な食感。例えて言うなら、ぬれせんべい?
パンはハード系だけではなく、食パンやデニッシュも使われてます。
それがまた、美味しい。
一つ、また一つ。。。って手が伸びる危険なオヤツです。
これ、頂きです!
marumaruさん、ごちそうさまでした~!

1月31日(日)の手づくり市に向けて、ちょこちょこ試作しています。
酒種のしっとりリッチな生地で、マメ系。
つぶあんパンと黒豆パン。
e0167593_017677.jpg

e0167593_0181651.jpg

e0167593_0182986.jpg
e0167593_0183816.jpg

・・・黒豆って、カットしたらイケてないビジュアルでした(汗)
エイリアンみたい。
どちらも、もっと生地を減らしてあんこや豆を増やそう~!
絶対にその方が美味しいはず♪

にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ
にほんブログ村
# by konamon-mania | 2010-01-19 00:23 | パン | Trackback | Comments(13)

カリスマ現る。

e0167593_22211951.jpg

日曜日の夕暮れ時に、そのカリスマはやってきた!!
(お仕事帰りにありがとうございます)
三脚と銅線と釣竿(?)を持って。。。

金曜日に新しいオーブンがやってくるので
200Vコンセントの増設をお願いしました。バイク仲間のカリスマ大工。
電気工事士の免許も持ってます。
家を建てるだけじゃなく、バイクのタイヤ交換や、板金だって
出来ちゃいます。
報酬は、近所の「やしま(うどんやさん)」のカツ定食(安くてうまい)で、
快く引き受けてくれました。
あんた良い人すぎるで!!

トイレにある配電盤から、お風呂の上を通って
キッチンの壁まで銅線を通すのに、釣竿が登場。
何に使うのかと思ってたら、なるほど~な感じでした。
頭と道具は使いよう、なのですね!
e0167593_22233996.jpg

壁に穴をあけて、200V用のコンセントを設置し
今あるコンセントの位置が、気に入らないので移設し
1時間ちょっとで作業が終わりました。
早~~~い!
e0167593_22235342.jpg

無駄のないきびきびした動きって、カッコいいですね~☆
私もカリスマぱん食人目指して、がんばります!


にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ
にほんブログ村
# by konamon-mania | 2010-01-17 22:26 | Trackback | Comments(22)