カテゴリ:未分類( 802 )

毎度おなじみのよねやまシェフレッスンに行って来ました。

今回は初参加のお向かいの美女が
実は、はじめましてではなく
メールのやり取りをした事のあるお方という
偶然の出会いがありました✨

その横には、こねる会のお客様という
これまた奇遇な出会い。

今日はバイクで来ましたよ、
という会話を聞いていた美女に
「ひよっとして粉もんさん?」
ってたずねられて、はい~\(^o^)/

わたしが特徴のある人で良かった。
じゃなきゃ出会っていても「この人!」
って、確信できないですもんね。
出会いに感謝です~❤️
(どんだけべっぴん好きやねん( 〃▽〃))

そんな楽しかったパンデュースレッスンです。
e0167593_00160340.jpg

ポーリッシュ種を使うと、粉の中まで吸水してるので
パンが劣化しにくくて、長期間美味しいです。
ま、長期間の前が定義が人によって違いますが。

e0167593_00160504.jpg

サクサクの玉ねぎフライを教わり

e0167593_00160928.jpg

成形が直径12センチのバンズにはさんで
バーガーが完成しました。

e0167593_00161255.jpg

このサイズ感が伝わるでしょうか・・・
手のでかさだけが伝わったらどないしよ。

e0167593_00161542.jpg

分厚い玉ねぎフライって最高に美味しい~❤️

今回は乙女ではなく「ガッツリ男らしい」パンとなりました。

むっちゃ美味しかったです♪
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

にほんブログ村
by konamon-mania | 2017-05-23 23:57 | Trackback | Comments(0)

あんこ入れすぎ注意

レシピ通りの餡食パン
e0167593_00352714.jpg


あんこシートが余ったので
二枚分入れた餡食パン・・・
e0167593_00353126.jpg

な・・・なにごと!?


焼くときに
(これ蓋をしたらあかん気がする)
と思ったのに、蓋あり温度設定だったので
蓋をしないと焼きすぎになるから
と、蓋をして焼きました。

予感的中。

中からの圧が掛かりすぎて開かない。
それでも蓋を無理やりずらしたら
映画エイリアンのように
ビシャッ!!
とあんこと生地が飛び出してきました。
危ない危ない。

あんこ入れすぎ注意どころか
やけどに注意です。

野生の勘には従う。
レシピ通りに作る。

これにつきます。
失敗は成功の元、と言いますので
次があれば蓋せずに焼いてみましょう。

で、あんこ入れすぎて甘~っ
とか言ってる気がする。
(ほらほら、野生の勘には従う!)

ちなみに餡食パンは、耳付きで分厚く切って
アルミホイルで包み、発酵バターをたっぷり乗せて
トーストします。
e0167593_00353597.jpg

お約束の美味しさとなります。

近所の奥さまは、きなこミルクジャムを
さらにトッピングしてました。
あかん美味しさとのこと。

あかん美味しさ体験、まだまだ若干お席があります❤️
5月の日程はこちら
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

にほんブログ村
by konamon-mania | 2017-05-23 00:23 | Trackback | Comments(2)

武蔵fis天板サイズ比較

武蔵fisの8取天板と6取天板で
お悩みの方がいらっしゃいましたので
ご参考までに。
e0167593_20585618.jpg

上が8取、下が6取です。

大きな基準になる1枚があり
そこから何枚に切り出したかで
○取りという呼び方をしています。

という事なので、8取より6取の方が
サイズが大きいです。

うちの一斤型は1,454CC(たぶん💦)を使ってます。
e0167593_20585734.jpg

底辺×高さで体積を出す代わりに
型にビニール袋をいれて、水をいれてグラムを測りました。
いちいち計算するのが面倒なので
マジックで書き込んでます。
実はよく使うボウルの底にも
ボウルの重量をマジックで
書き込んでいたりします。
(横着にも程がある~💦)

8取なら一斤型4つが限界でしょうか。

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

にほんブログ村
by konamon-mania | 2017-05-22 20:43 | Trackback | Comments(0)

卵が好きです

土曜日はセミナーに参加していたのですが
お昼ご飯に心斎橋の難波神社近くで
豪華なだし巻き卵をいただきました。
e0167593_01243668.jpg

期待の高まるショーケースです。

e0167593_01243995.jpg

こんな深々とした福助さんはお初です。
どうも、ありがとう✨
という気持ちになりますね。
頭が金色で神々しい・・・

ばーん!
e0167593_01244168.jpg

たぶん卵4個は使っています。
金の延べ棒のようなだし巻き卵♪
風水だったか、卵はお金持ちになる食材とか。
わたしには、心が豊かになる食材です。
たっぷり卵が幸せ~

角度を変えてみます?
e0167593_01244490.jpg

むふふです。

夕方になってもお腹がすきませんでした。
これで1500円はお値打ちですね。

e0167593_01244640.jpg

えーっと。
でっかいエビフライも好きです✨

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

にほんブログ村


by konamon-mania | 2017-05-22 01:13 | Trackback | Comments(0)

レッスンでのお忘れもの

あっ・・・
e0167593_15450807.jpg

臨時ジャムレッスンが修了し、解散。
机の上にジャムがぽつーん。。。
がはがは笑って盛り上がりすぎて、
うっかり忘れちゃったんでしょうね。

お心当たりの方は、ご連絡くださいませ~

さてさて。
e0167593_15451040.jpg

大丸でベビーコーンが売ってました♪
旬が短くて、一瞬で消えてしまいます。
美味しいものは食べるべし。

皮ごとオーブンで焼きました。
うまみ凝縮ですね。
e0167593_15451282.jpg


空豆なみの廃棄率です。
e0167593_15451554.jpg

でもね、美味しいんです。
食べるとこちょびっとでも、味わっておきたい食材です(^_^)

出会う機会があればぜひ!!
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

にほんブログ村

by konamon-mania | 2017-05-21 15:39 | Trackback | Comments(5)

そろそろクープ用のナイフの入れ替え時期です。
大量ですね。
e0167593_01414390.jpg

ウェンガー無き後はビクトリノックスの
ナイフを愛用しています。
ハード系のパンでクープを入れるとき
パーリングナイフだとスパッと切れて 心地よいです。
900円。
お値打ちです。

元パティシエの師匠のおうちには
ビクトリノックスのパン切り包丁があり
切れないナイフはストレスになるから
これ!!と断言していました。
確かによく切れます。
6800円もまたお値打ち。

波刃は研ぎができません。
なので使い捨てになります。
が、使い倒しても3年は軽くもつので
ぜんぜん惜しくない、ビクトリノックス。

カミソリは扱いに気を使います。
お客さんがケガしないように、とか
切れ味が悪くなったらすぐ交換、とか。
気楽に使えるナイフが、やっぱり好きでーす!

クープナイフで悩んでいるかたは是非
お試しくださいませ~
(むっちゃええですよ)
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

にほんブログ村
by konamon-mania | 2017-05-21 01:29 | Trackback | Comments(0)

お客様より

ベンチを取る時ととらない時の差は?

ベンチを取るのは、分割で傷めた生地を復活させるのと、
成形をしやすくするためだったと思うのですが、パンによって
ベンチをとったり、とらなかったりが、謎なんです

と、白パンについて質問をいただきました。
疑問に思われている方もほかにいると思いますので
シェアしますね。

質問されている取ったり取らなかったりのレシピや
作り方を聞いていないので何とも言えませんが
 分割で傷めた生地を復活
 成形をしやすくする
というのは・・・

分割をした後、たいていは丸めなおしをします。
その時くるくると圧をかけてしっかり丸めると
グルテンが強化されてしまい、その次に伸ばしにくかったり
成形がしにくくなります。
時間を置くことによって、酵母が活動し微量ながらガスを含むので
生地が柔らかくなり成形がしやすくなります。
そのために待つ時間をベンチタイムといいます。

なぜベンチタイムを取らないものがあるか。
たぶん、初めから加水が多くて、丸めなおしをした直後でも
生地が十分に伸びて成形ができる配合になっていると思います。

また、その様な生地の場合は二次発酵が省略されていたり
する場合もあります。
二次発酵は何ぞや、というと生地が緩むのを待つというのが
目的だと思っています。
なので、最初から緩んでいる生地の場合は待つ必要がないのですね。

(前提として、一次発酵後の生地の扱いをとにかく易しく
 ガスを保持したまま成形まで完了する、ということがありますが)

ということで、ベンチがあったりなかったりするんですね。

が!!!
ここからはパンが上達したい人のみどうぞなのですが
疑問に思う配合があれば
まずは作ってみる。
それにつきます。
何回も作ることと、なんでかな~?と思うこと
そうするとレシピの組み立てから見えてくるものがあります。
ぜひチャレンジしてください。
絶対に上達につながりますから。
そこは保証いたします♪




にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

にほんブログ村
by konamon-mania | 2017-05-19 20:54 | Trackback | Comments(0)

大室山のふもとにて

先週の合宿の時に観光も入れてもらいました。
自然とふれあうのは大事ですから。
伊豆高原にある取って付けたような形の大室山。
e0167593_00353510.jpg

火山の噴火でこんな風に隆起するのかー
すごいなぁ、と思った山です。
リフトで登って、噴火口をぐるりと一周できます。
e0167593_00360009.jpg


そんな大室山の麓にあるとてもステキな
工房に連れていってもらいました。

e0167593_00361843.jpg

ここのランプシェード(というのか?)が
とにかく美しいのです。
e0167593_00363357.jpg

e0167593_00364741.jpg

このでっかいガラスの向こうに
大室山がそびえています。
e0167593_00365268.jpg

e0167593_00365857.jpg


サロンに置いたら、癒されそうじゃないですか?
e0167593_00370158.jpg

e0167593_00370606.jpg


が、銀彩のお皿を買ってしまいました。
e0167593_00371198.jpg

陶器なのに金属の光沢をもっているので
脳みそが混乱する、不思議な釉薬。
実は銀彩が大好きなんです。

ここの窯のすばらしいところは
焼き物は生活に使ってなんぼ、
普通に買える値段じゃないとねってことで
百貨店なら5倍はしてそうな作品を
手に入れることができるのです。
銀彩のお皿も0を数え直しました。

次はランプを手に入れに行きたいなぁ。

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

にほんブログ村
by konamon-mania | 2017-05-18 05:25 | Trackback | Comments(0)

e0167593_22580129.jpg

今日の夕焼けはきれいでしたね✨
その傍らでは
e0167593_22580318.jpg

なんかビームみたいな雲が出てました。

ここで豆知識です。
ペットボトルの回収は、ペットボトルを潰して出すと、ごみを回収して圧縮した時に圧着せずバラけてしまうそうです。
だから潰さずに出してね、って。

さて、やっとタイトルに。
今週末は臨時ジャムがあります。
きな粉ミルクジャム。
e0167593_22580648.jpg

黒豆のきな粉でつくらせてもらいます。
普通のきな粉よりも、味が濃い気がします。
枝豆も緑のよりも黒いほうが美味しいですもんね。

念のため。
枝豆って大豆になるってご存知ですか?
早めに収穫して塩ゆでしたのが枝豆。
しっかり育てて鞘からはずし乾燥したのが大豆。
大豆を煎って粉にしたのがきな粉。

意外とマイナーな事実だったりします。

黒豆は黒い大豆です。
丹波篠山が有名ですね。

そんな美味しい黒豆のきな粉で作れば、
そりゃー旨いよね~!

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

にほんブログ村
by konamon-mania | 2017-05-16 22:45 | Trackback | Comments(0)

30分足らずで小顔♪

小顔というか、若返りというか・・・

師匠に揉んでもらって、その威力に
うわぁ!!
となったリワインドセラピーです。

e0167593_22182058.jpg

合宿で仲間の顔を借りて
しっかりと練習してきました。

施術後の輪郭のスッキリ感
目の大きさ、開けやすさ
鼻筋や小鼻の肉の厚み
耳の柔らかさ(柔らかなのが良いです)

そして何よりも

白さや透明感、毛穴の縮小っぷりに
やってる側が嬉しくなるような
変わりっぷりです。

仲間たちはセルフケアしているのと
交代でほぐす練習をしたので
とっても効果が表れやすいです。
なのでガチガチ顔の場合は、
まずは体を緩めてから施術します。

今なら30分3500円と、
お得に体験していただけるチャンスですよ~
5月22日
5月27日
5月29日
6月4日
それぞれ先着1名様でご予約をお受けできます。

レッスンに引き続きですので
対象はレッスンを受けていただいた方のみとなります。

興味のあるかたは、お早めにどうぞ~


にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

にほんブログ村

by konamon-mania | 2017-05-14 20:38 | Trackback | Comments(2)