2017年 10月 05日 ( 1 )

e0167593_22201858.jpg

ハヅキルーペという拡大鏡。
よく見えて良いかな?と思って使ってみたら、指先の感覚を頼りにする方が、疲れない事に気がつきました。
栗仕事にはいまいちなアイテム。

とても役立つアイテムはというと
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クリクリ坊主New【ハサミ/栗むき/皮むき】
価格:2700円(税込、送料別) (2017/10/5時点)



今回、鬼皮を剥くのに使ったのがクリクリ坊主です。
クリクリ坊主2は刃が変えられず使い捨てになりますので、クリクリ坊主、もしくはクリクリ坊主Newをおすすめします。
(どんだけ栗むくねん)




渋皮をむくのには、波刃のペティナイフを使いました。
あれです。
栗の品種が「ポロタン」っていうのが、楽に渋皮が剥ける秘訣です。
銀寄だと渋皮が剥がれず、1つ目で挫折して和栗ジャムに変更となりました。

上手く剥けませーん!

というときは、栗の品種がそういうもんだと思ってください。
途中であきらめて渋皮煮に変更可能なように、鬼皮を丁寧に剥いておくことをおすすめします。

で、使う砂糖はグラニュー糖。
ちょびっとブドウ糖を使え、というレシピもありますね。一番細かい糖の形で、さらさら乾燥しているのでグラスがキレイに仕上がります。なくてもいいけどね。

もともとしっとりしている砂糖、たとえば上白糖や三温糖は水分を保持する砂糖なので、避けた方が良いです。
乾燥させたいのに、べちゃついたらイヤですもんね。
水飴や蜂蜜は保湿そのものなので、湿気を呼びます。使わない方がカラッと仕上がりますね。

香りをつけるのに、メープルシュガーだったらパラパラしてるからどうですか?
と問われたら、やってみてくださいと答えます。
高価すぎて実験お断り~。

そんなこんなで、みなさまの健闘を祈る!!

レッスンをしないが為にここまで書いてるので、レッスンはナシで~す✨
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村




by konamon-mania | 2017-10-05 21:53 | 日常 | Trackback | Comments(0)